ほくやく・竹山ホールディングス

株式会社ほくやく・竹山ホールディングス

第18回 定時株主総会 参考資料はこちら

企業・グループ情報

企業理念

企業理念

北海道に根ざした
総合ヘルスケア企業グループとして
健康を願う人々を支えつづけます

株式会社ほくやく・竹山ホールディングスは2006年9月、株式会社ほくやくと株式会社竹山の経営統合によって設立されました。
企業理念には北海道の隅々まで、人々の健康の支えになることを願った想いが込められています。
より広く、より深く、より新しく。
医療・福祉・健康の最新の情報と技術をいち早くお届けします。

経営ミッション

健康を願う人々のために

私たちは、ヘルスケア(医療・福祉・保健)分野における様々な商品・サービスの充実をはかり、その提供を通じて地域社会の人々の健康回復や維持に貢献いたします。

すべてのステークホルダーのために

私たちは、総合ヘルスケア企業として日々『しんか(進化、深化、真価)』をとげることで、関係する方々との共存共栄を継続して追求いたします。

社会のために

私たちは、良き企業市民として高い倫理観を持ち、法の遵守、社会ルールに則り、地域から信頼され、支持される企業グループを目指します。

行動宣言

私たちは、ほくたけミッションステートメントに則った事業活動をより積極的にかつ統一的に実践するため、『ほくたけグループ行動指針』を定め、これを事業活動の根幹とします。
この「行動指針」は、ほくたけグループの事業活動を通じた企業の発展はもとより、社会との共生を図るため、グループ各社と、その社員一人ひとりが、真摯に、誠実に仕事に取り組むための責任と義務を明確にしたものであります。
この行動指針の実践こそが、私たちが取り組むCSR活動であることを宣言します。

『ほくたけグループの行動指針』と『ほくたけグループ コンプライアンスハンドブック』

ロゴに託して

「予防・診断・治療・調剤・リハビリ・介護」という地域の健康ネットワーク全体を支える総合ヘルスケア企業グループ、それがホールディングスの理念です。ロゴマークは、人々の健康と根幹を担う企業としての責任と統合力をモチーフにしています。
ライトブルーとミドルブルーの連続するパターンは、オールラウンドの市場性を表すとともに、北海道の地域性を象徴する雪の結晶と、清廉な企業姿勢を示しています。また、横に伸びる2本の緑の線は大地を表し、北海道の広い大地にしっかりと根ざすホールディングスの姿を表現しています。
地域の人々の命と健康な暮らしを支えることを願う想いをロゴマークに託しました。